壱岐便りと空手日記

活動前後や昼食時に行った視察

事故の原発から、活動するボランティアセンターや仮設住宅は当然30キロ圏外です。
私が宿泊したホテルは約25キロ圏に入り、視察した小高は20キロ、通行許可が必要な浪江町は10キロ圏内で、多分私は12~3キロ位まで近づけたと思います。

南相馬市鹿島区烏崎付近

壊れた堤防


内陸側は建物の基礎が残るだけ


山積みされた瓦礫



仮設住宅を回るスクールバス


バス停の表示



仮設店舗





小高地区は車もそのまま


農家も荒れたまま


地盤沈下で水田は海に



10キロ圏内浪江町前で通行規制


南相馬市鹿島区役所


計測震度計

プロ野球イースタンの試合も行われた「みちのく鹿島球場」

廃墟と化した球場


倒れたままのフェンス


屑鉄となった大量の車

活動を終えレンタカーで再び仙台へ

空手仲間の熱い接待に「胃も心も」満腹


翌朝、東北新幹線で一路東京へ



仙台駅構内には首長のメッセージが
※九州から四国から馳せ参じるボランティア、行って良かった!

仮設住宅の人々に元気を!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 長岡秀星展

    2021.04.23

  2. 記念スイーツ

    2021.03.27

  3. 寒い朝

    2021.02.18

  4. ミュシャ展

    2021.02.5

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP