壱岐便りと空手日記

9.22.福島県川内村を訪ねる

DSCF5477
羽田空港から東京駅、新幹線で

DSCF5480
郡山駅からレンタカー

DSCF5483
DSCF5485
9.23.川内村役場

DSCF5482
自主パトロール連絡所

DSCF5488
役場敷地内のモニタリングポスト

DSCF5494
DSCF5525
DSCF5526
DSCF5527
村の集会場では野菜等の線量検査が出来ます

DSCF5492
DSCF5493
集会場のモニタリングポスト

DSCF5520
放射線の専門家でもある保健師さんと

DSCF5539
遠くに福島第一発電所

DSCF5505
DSCF5509
DSCF5510
緑の雑草に覆い尽くされそうな富岡町

DSCF5531
壱岐市も職員を派遣している楢葉町

DSCF5516
各町で続く除染作業

DSCF5497
DSCF5537
DSCF5543
DSCF5544
汚染物を1t入れた袋はいたる所に置かれています

DSCF5517
DSCF5519
2泊お世話になった旅館

DSCF5545
DSCF5546
24日、東京へ向かいます
*長崎大学が川内村に保健師を常駐させて住民の放射線への不安解消に役立てる取り組みをする、との新聞記事を4月に目にしてから是非この地を、保健師さんの活動を見てみたいと思っていました。除染で出た汚染物を入れた膨大な数の袋、雑草で覆われた街並み、原発事故の後処理の問題を、改めて考えさせられました。そして渦中の住民へ安心を届けようと働く若い保健師さん。 志の高さと行動力に長崎県民として敬意をはらい誇りに思うところです。考えさせられた二日間でした。

 

最近の記事 おすすめ記事
  1. 昇段審査

    2021.05.9

  2. 聖火リレー

    2021.05.7

  3. 密を避けて

    2021.05.1

  4. 長岡秀星展

    2021.04.23

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP